相手も勝って当然の格下 錦織メンフィス史上初4連覇の軽さ

公開日: 更新日:

 勝って当然の大会ではないか。

 男子テニスのメンフィス・オープン男子シングルス決勝で、世界ランク7位で第1シードの錦織圭(26)は、同145位の新星フリッツ(18)と対戦。6-4、6-4のストレートで退け、大会史上初となる4連覇を達成。ツアー通算11勝目を挙げたわけだが、大会前に発表されたドロー(組み合わせ)を見れば、錦織の4連覇は決まったも同然だった。

 今大会には、世界ランク1位のジョコビッチや同2位のマリー、同3位のフェデラーといった強力なライバルは不在だった。錦織に続く第2シードは同30位のS・ジョンソン(26)。準決勝で負かしたS・クエリー(28)も同58位の第4シードだった。この日の「頂上決戦」も、推薦出場の18歳。193センチの長身から繰り出す強力サーブでブレークを許すゲームもあったものの、終わってみれば2-0のストレート勝ち。しかもこの大会は2年前から、ツアーの格付けが500から最下位の250に降格された。それでもスポーツマスコミは戦前から、「快挙の4連覇へ」と騒いでいたから片腹痛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る