相手も勝って当然の格下 錦織メンフィス史上初4連覇の軽さ

公開日:  更新日:

 勝って当然の大会ではないか。

 男子テニスのメンフィス・オープン男子シングルス決勝で、世界ランク7位で第1シードの錦織圭(26)は、同145位の新星フリッツ(18)と対戦。6-4、6-4のストレートで退け、大会史上初となる4連覇を達成。ツアー通算11勝目を挙げたわけだが、大会前に発表されたドロー(組み合わせ)を見れば、錦織の4連覇は決まったも同然だった。

 今大会には、世界ランク1位のジョコビッチや同2位のマリー、同3位のフェデラーといった強力なライバルは不在だった。錦織に続く第2シードは同30位のS・ジョンソン(26)。準決勝で負かしたS・クエリー(28)も同58位の第4シードだった。この日の「頂上決戦」も、推薦出場の18歳。193センチの長身から繰り出す強力サーブでブレークを許すゲームもあったものの、終わってみれば2-0のストレート勝ち。しかもこの大会は2年前から、ツアーの格付けが500から最下位の250に降格された。それでもスポーツマスコミは戦前から、「快挙の4連覇へ」と騒いでいたから片腹痛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る