相手も勝って当然の格下 錦織メンフィス史上初4連覇の軽さ

公開日: 更新日:

 勝って当然の大会ではないか。

 男子テニスのメンフィス・オープン男子シングルス決勝で、世界ランク7位で第1シードの錦織圭(26)は、同145位の新星フリッツ(18)と対戦。6-4、6-4のストレートで退け、大会史上初となる4連覇を達成。ツアー通算11勝目を挙げたわけだが、大会前に発表されたドロー(組み合わせ)を見れば、錦織の4連覇は決まったも同然だった。

 今大会には、世界ランク1位のジョコビッチや同2位のマリー、同3位のフェデラーといった強力なライバルは不在だった。錦織に続く第2シードは同30位のS・ジョンソン(26)。準決勝で負かしたS・クエリー(28)も同58位の第4シードだった。この日の「頂上決戦」も、推薦出場の18歳。193センチの長身から繰り出す強力サーブでブレークを許すゲームもあったものの、終わってみれば2-0のストレート勝ち。しかもこの大会は2年前から、ツアーの格付けが500から最下位の250に降格された。それでもスポーツマスコミは戦前から、「快挙の4連覇へ」と騒いでいたから片腹痛い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る