1回6失点の大炎上…楽天・松井裕“極端すぎる投球”の中身

公開日: 更新日:

 これも「本領発揮」ということになる。

 5日、楽天は1点リードの九回に、守護神の松井裕樹(20)を投入。試合展開が1イニングごとに変わるシーソーゲームに幕――と思いきや、見るも無残に大炎上してしまった。

 1死から5番ナバーロを歩かせると、もう止まらない。四球、ヒット、タイムリー、とどめに3ランと、3分の1回で4安打2四球6失点。継投の石橋もこの流れにのみ込まれ、楽天は九回だけで8点を失い、8-15でボロ負けした。

 試合後、「実力不足です」と言葉少なだった松井だが、そもそも調子の良し悪しは投げてみるまで分からないタイプだ。今季は15試合で1敗7セーブ。防御率6.91という数字は、この日を含めた2度の救援ミスがもたらしたものだ。11失点中、炎上した2試合で10失点もしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る