兄の2000安打に触発された? 阪神・新井が決勝弾で存在感

公開日: 更新日:

「完璧でした!」

 負ければ借金生活突入となる試合を救ったのは、兄の陰に隠れていた弟だった。

 13日のDeNA戦。阪神の新井良太(32)が2-2で迎えた九回に、左翼席に今季2号となる特大の一発を放ち、チームは接戦を制した。

 広島にいる兄の新井貴浩(39)は先日、2000安打を達成。同日の中日戦でも1点ビハインドの九回に同点適時打を放つなど4番としていい働きをしている、通算288安打と、実績では大きく引き離されている弟は今季、北條、陽川ら若手を抜擢する金本監督の方針もあり、控えに甘んじていた。

 ライバルとなる北條は2打数無安打に終わったこともあり、次戦はスタメンの可能性もあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  7. 7

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  8. 8

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  9. 9

    攻める「新しい地図」 破天荒アイドルBiSHと共演の皮算用

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る