兄の2000安打に触発された? 阪神・新井が決勝弾で存在感

公開日:  更新日:

「完璧でした!」

 負ければ借金生活突入となる試合を救ったのは、兄の陰に隠れていた弟だった。

 13日のDeNA戦。阪神の新井良太(32)が2-2で迎えた九回に、左翼席に今季2号となる特大の一発を放ち、チームは接戦を制した。

 広島にいる兄の新井貴浩(39)は先日、2000安打を達成。同日の中日戦でも1点ビハインドの九回に同点適時打を放つなど4番としていい働きをしている、通算288安打と、実績では大きく引き離されている弟は今季、北條、陽川ら若手を抜擢する金本監督の方針もあり、控えに甘んじていた。

 ライバルとなる北條は2打数無安打に終わったこともあり、次戦はスタメンの可能性もあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る