手倉森U-23が連敗 ポルトガル相手にアタッカー陣お粗末

公開日:  更新日:

 リオ五輪に出場する日本五輪代表(23歳以下)が、フランスで開催されているトゥーロン国際大会で2連敗を喫した。

 初戦のパラグアイに続き、ポルトガルU―20代表(20歳以下)戦(日本時間24日午前0時15分キックオフ)でも決定力不足を露呈し、前半のワンチャンスをモノにしたポルトガルに0―1で逃げ切られてしまった。

 前半22分、ポルトガルが長短のパスをつなぎ、日本ゴール前のスペースにボールを出した。そこに走り込んだ背番号10のMFオルタが、日本ゴール左を狙って技アリの先制ゴールを突き刺した。

 日本ベンチは後半開始からFW野津田(21=新潟)を投入。その野津田が後半2分、相手ペナルティーエリア内でフリーになり、目の前のこぼれ球を利き足の左足でシュート。目を閉じて蹴っても入るような状況だったが、ボールはクロスバーの上を通過して手倉森監督、スタッフ、選手は頭を抱えるばかり。野津田は22分にも決定機を迎えながら、やはり左足のシュートはゴールの枠を捉えることができず、試合後は「チャンスに決め切れずに悔しい」と顔を歪めたが、草サッカー並みのお粗末シュートに手倉森監督の評価は、大幅ダウンしたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る