手倉森U-23が連敗 ポルトガル相手にアタッカー陣お粗末

公開日: 更新日:

 リオ五輪に出場する日本五輪代表(23歳以下)が、フランスで開催されているトゥーロン国際大会で2連敗を喫した。

 初戦のパラグアイに続き、ポルトガルU―20代表(20歳以下)戦(日本時間24日午前0時15分キックオフ)でも決定力不足を露呈し、前半のワンチャンスをモノにしたポルトガルに0―1で逃げ切られてしまった。

 前半22分、ポルトガルが長短のパスをつなぎ、日本ゴール前のスペースにボールを出した。そこに走り込んだ背番号10のMFオルタが、日本ゴール左を狙って技アリの先制ゴールを突き刺した。

 日本ベンチは後半開始からFW野津田(21=新潟)を投入。その野津田が後半2分、相手ペナルティーエリア内でフリーになり、目の前のこぼれ球を利き足の左足でシュート。目を閉じて蹴っても入るような状況だったが、ボールはクロスバーの上を通過して手倉森監督、スタッフ、選手は頭を抱えるばかり。野津田は22分にも決定機を迎えながら、やはり左足のシュートはゴールの枠を捉えることができず、試合後は「チャンスに決め切れずに悔しい」と顔を歪めたが、草サッカー並みのお粗末シュートに手倉森監督の評価は、大幅ダウンしたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る