• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手倉森U-23が連敗 ポルトガル相手にアタッカー陣お粗末

 リオ五輪に出場する日本五輪代表(23歳以下)が、フランスで開催されているトゥーロン国際大会で2連敗を喫した。

 初戦のパラグアイに続き、ポルトガルU―20代表(20歳以下)戦(日本時間24日午前0時15分キックオフ)でも決定力不足を露呈し、前半のワンチャンスをモノにしたポルトガルに0―1で逃げ切られてしまった。

 前半22分、ポルトガルが長短のパスをつなぎ、日本ゴール前のスペースにボールを出した。そこに走り込んだ背番号10のMFオルタが、日本ゴール左を狙って技アリの先制ゴールを突き刺した。

 日本ベンチは後半開始からFW野津田(21=新潟)を投入。その野津田が後半2分、相手ペナルティーエリア内でフリーになり、目の前のこぼれ球を利き足の左足でシュート。目を閉じて蹴っても入るような状況だったが、ボールはクロスバーの上を通過して手倉森監督、スタッフ、選手は頭を抱えるばかり。野津田は22分にも決定機を迎えながら、やはり左足のシュートはゴールの枠を捉えることができず、試合後は「チャンスに決め切れずに悔しい」と顔を歪めたが、草サッカー並みのお粗末シュートに手倉森監督の評価は、大幅ダウンしたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る