• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スノボ大麻で飛び火 リオ五輪代表陣に向けられる疑惑の目

 未成年のスノーボーダーによる大麻吸引はガキの出来心では済まされない。

 国際大会で実績のある2選手の不祥事だけに、冬季五輪だけでなく夏季五輪にも深刻な影響を及ぼしかねないからだ。

 今年8月に開幕するリオ五輪でメダル獲得、上位入賞が有力視される日本選手は、世界反ドーピング機関(WADA)から徹底マークされることになりそうだ。

 WADAは覚醒剤、大麻、マリフアナなどのいわゆる「ドラッグ」は興奮剤に似た効果が見込めることから、筋肉増強剤や興奮剤と同様に禁止薬物に指定している。

 今回、スノーボードトップ選手の米国遠征中の大麻使用が明らかになったことで、夏季競技の日本人選手にも疑惑の目が向けられるのは必至だ。

 潤沢な強化費に恵まれた日本のトップアスリートは海外で合宿を張るケースは多い。米国の一部の州では、大麻が合法化されているところもあり、そこで数週間滞在すれば「海外の選手からすすめられて手を出す奴もいるはずだ」と疑われてもしかたない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る