スノボ大麻で飛び火 リオ五輪代表陣に向けられる疑惑の目

公開日: 更新日:

 未成年のスノーボーダーによる大麻吸引はガキの出来心では済まされない。

 国際大会で実績のある2選手の不祥事だけに、冬季五輪だけでなく夏季五輪にも深刻な影響を及ぼしかねないからだ。

 今年8月に開幕するリオ五輪でメダル獲得、上位入賞が有力視される日本選手は、世界反ドーピング機関(WADA)から徹底マークされることになりそうだ。

 WADAは覚醒剤、大麻、マリフアナなどのいわゆる「ドラッグ」は興奮剤に似た効果が見込めることから、筋肉増強剤や興奮剤と同様に禁止薬物に指定している。

 今回、スノーボードトップ選手の米国遠征中の大麻使用が明らかになったことで、夏季競技の日本人選手にも疑惑の目が向けられるのは必至だ。

 潤沢な強化費に恵まれた日本のトップアスリートは海外で合宿を張るケースは多い。米国の一部の州では、大麻が合法化されているところもあり、そこで数週間滞在すれば「海外の選手からすすめられて手を出す奴もいるはずだ」と疑われてもしかたない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る