スノボ大麻で飛び火 リオ五輪代表陣に向けられる疑惑の目

公開日:  更新日:

 未成年のスノーボーダーによる大麻吸引はガキの出来心では済まされない。

 国際大会で実績のある2選手の不祥事だけに、冬季五輪だけでなく夏季五輪にも深刻な影響を及ぼしかねないからだ。

 今年8月に開幕するリオ五輪でメダル獲得、上位入賞が有力視される日本選手は、世界反ドーピング機関(WADA)から徹底マークされることになりそうだ。

 WADAは覚醒剤、大麻、マリフアナなどのいわゆる「ドラッグ」は興奮剤に似た効果が見込めることから、筋肉増強剤や興奮剤と同様に禁止薬物に指定している。

 今回、スノーボードトップ選手の米国遠征中の大麻使用が明らかになったことで、夏季競技の日本人選手にも疑惑の目が向けられるのは必至だ。

 潤沢な強化費に恵まれた日本のトップアスリートは海外で合宿を張るケースは多い。米国の一部の州では、大麻が合法化されているところもあり、そこで数週間滞在すれば「海外の選手からすすめられて手を出す奴もいるはずだ」と疑われてもしかたない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る