エース萩野を“クン” 15歳池江は競泳代表最年少でも超大物

公開日:  更新日:

 リオ五輪での飛躍が期待される女子高生スイマーが大物ぶりを発揮している。

 先の日本選手権で100メートルバタフライ、リレー3種目と計4種目で代表入りを決めた池江璃花子(15=淑徳巣鴨高校)。14日は都内でリレーメンバーらと取材に応じたが、集合時間を勘違いしたうえに、着用を義務付けられた日本代表のジャージーを宿舎の部屋に忘れて、予定の時間から1時間以上も遅れて姿を見せた。

 リレーメンバーによる撮影では年上の選手に対してポーズを指示。4人のポーズが揃っていないと先輩の選手であっても遠慮なくダメ出しするなど、最年少ながら(800メートルリレー)チームを仕切るリーダーシップも発揮した。

 初出場した昨年7月の世界選手権とほぼ同じメンバーだけに、すでに代表チームにも溶け込んでいる様子。男子のエースで金メダル候補の萩野公介(21)をクン付けで呼ぶなど、池江の物おじしない性格には平井伯昌監督ら代表首脳陣も目を丸くしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る