• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エース萩野を“クン” 15歳池江は競泳代表最年少でも超大物

 リオ五輪での飛躍が期待される女子高生スイマーが大物ぶりを発揮している。

 先の日本選手権で100メートルバタフライ、リレー3種目と計4種目で代表入りを決めた池江璃花子(15=淑徳巣鴨高校)。14日は都内でリレーメンバーらと取材に応じたが、集合時間を勘違いしたうえに、着用を義務付けられた日本代表のジャージーを宿舎の部屋に忘れて、予定の時間から1時間以上も遅れて姿を見せた。

 リレーメンバーによる撮影では年上の選手に対してポーズを指示。4人のポーズが揃っていないと先輩の選手であっても遠慮なくダメ出しするなど、最年少ながら(800メートルリレー)チームを仕切るリーダーシップも発揮した。

 初出場した昨年7月の世界選手権とほぼ同じメンバーだけに、すでに代表チームにも溶け込んでいる様子。男子のエースで金メダル候補の萩野公介(21)をクン付けで呼ぶなど、池江の物おじしない性格には平井伯昌監督ら代表首脳陣も目を丸くしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る