エース萩野を“クン” 15歳池江は競泳代表最年少でも超大物

公開日: 更新日:

 リオ五輪での飛躍が期待される女子高生スイマーが大物ぶりを発揮している。

 先の日本選手権で100メートルバタフライ、リレー3種目と計4種目で代表入りを決めた池江璃花子(15=淑徳巣鴨高校)。14日は都内でリレーメンバーらと取材に応じたが、集合時間を勘違いしたうえに、着用を義務付けられた日本代表のジャージーを宿舎の部屋に忘れて、予定の時間から1時間以上も遅れて姿を見せた。

 リレーメンバーによる撮影では年上の選手に対してポーズを指示。4人のポーズが揃っていないと先輩の選手であっても遠慮なくダメ出しするなど、最年少ながら(800メートルリレー)チームを仕切るリーダーシップも発揮した。

 初出場した昨年7月の世界選手権とほぼ同じメンバーだけに、すでに代表チームにも溶け込んでいる様子。男子のエースで金メダル候補の萩野公介(21)をクン付けで呼ぶなど、池江の物おじしない性格には平井伯昌監督ら代表首脳陣も目を丸くしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る