エース萩野を“クン” 15歳池江は競泳代表最年少でも超大物

公開日:  更新日:

 リオ五輪での飛躍が期待される女子高生スイマーが大物ぶりを発揮している。

 先の日本選手権で100メートルバタフライ、リレー3種目と計4種目で代表入りを決めた池江璃花子(15=淑徳巣鴨高校)。14日は都内でリレーメンバーらと取材に応じたが、集合時間を勘違いしたうえに、着用を義務付けられた日本代表のジャージーを宿舎の部屋に忘れて、予定の時間から1時間以上も遅れて姿を見せた。

 リレーメンバーによる撮影では年上の選手に対してポーズを指示。4人のポーズが揃っていないと先輩の選手であっても遠慮なくダメ出しするなど、最年少ながら(800メートルリレー)チームを仕切るリーダーシップも発揮した。

 初出場した昨年7月の世界選手権とほぼ同じメンバーだけに、すでに代表チームにも溶け込んでいる様子。男子のエースで金メダル候補の萩野公介(21)をクン付けで呼ぶなど、池江の物おじしない性格には平井伯昌監督ら代表首脳陣も目を丸くしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る