日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

日本人の持ち味を生かしたフィジカル強化をやって欲しい

 主力選手不在のボスニア・ヘルツェゴビナに1―2で負けてしまった。

 FIFA(国際サッカー連盟)ランク通り(日本53位。ボスニア20位)と言ってしまえばそれまでだが、9月に開幕するW杯最終予選前に問題点が浮き彫りになったと思えば、非常に有益な試合だったんじゃないかな。

■最終予選への問題点

 何よりもフィジカル面のハンディが大きかった。

 今に始まったことじゃないが、高さと強靱さの違い以外に球際で競り合う際の足の長さ、セットプレー時のポジション取りで当たり負けするなど局面でのフィジカルの差異が、試合結果をもたらしたと言えるだろう。  今からボスニアの選手みたいにデカくなれと言っても無理な注文だ。

 日本はW杯最終予選でオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと対戦する。オーストラリア、イラクなどはフィジカルの優位性を出してくる。日本人選手の持ち味である俊敏性を伸ばしながら体幹を鍛えるとか、フィジカルコンタクト時の圧力を受け流す技を会得するとか、そうしたフィジカル強化に精を出して欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事