釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

日本人の持ち味を生かしたフィジカル強化をやって欲しい

公開日:  更新日:

 主力選手不在のボスニア・ヘルツェゴビナに1―2で負けてしまった。

 FIFA(国際サッカー連盟)ランク通り(日本53位。ボスニア20位)と言ってしまえばそれまでだが、9月に開幕するW杯最終予選前に問題点が浮き彫りになったと思えば、非常に有益な試合だったんじゃないかな。

■最終予選への問題点

 何よりもフィジカル面のハンディが大きかった。

 今に始まったことじゃないが、高さと強靱さの違い以外に球際で競り合う際の足の長さ、セットプレー時のポジション取りで当たり負けするなど局面でのフィジカルの差異が、試合結果をもたらしたと言えるだろう。  今からボスニアの選手みたいにデカくなれと言っても無理な注文だ。

 日本はW杯最終予選でオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと対戦する。オーストラリア、イラクなどはフィジカルの優位性を出してくる。日本人選手の持ち味である俊敏性を伸ばしながら体幹を鍛えるとか、フィジカルコンタクト時の圧力を受け流す技を会得するとか、そうしたフィジカル強化に精を出して欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る