釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

五輪代表ガーナ戦 前半の3ゴールは質も高くて良かった

公開日: 更新日:

 日本五輪代表がガーナと戦ったのは、もちろん「リオ五輪初戦の相手がナイジェリア」だから。

 身体能力の高いアフリカ勢と対戦して「黒人選手ならではの爆発的スピード、軽やかな身のこなしを実感したい」というわけだが、いかんせん対戦相手が弱過ぎたね。

 平均年齢も21歳台だったし、23歳以下で構成された日本代表よりも粗削りだった。それでも日本が、前半のうちにポンポンポンと3点を奪ったのは、ゴール自体の質の高さも含めて良かったと思う。後半はノーゴールだったと否定的に話す人もいるようだが、後半だけで6選手を交代させたわけだし、そんなに気にすることもないだろう。

 リオ五輪の組み合わせ抽選会で初戦がナイジェリア戦となり、1968年10月14日のメキシコを思い出した。そう、銅メダルを獲得したメキシコ五輪初戦のナイジェリア戦だ。前半24分に先制ゴールを決め、1―1で迎えた後半28分に決勝ゴールを、そして終了間際に追加点を奪ってハットトリックを完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る