• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

U-23韓国戦は「コテンパンにやっつける!」くらいの気概で

 日本五輪代表がリオ行きの切符を手にした。

 イラク戦の決勝弾をMF原川が決めるとは、誰も予想していなかっただろうが、試合のたびに日替わりヒーローが生まれた。これが手倉森ジャパンの良さなんだろうね。

 予選突破の喜びに浸りつつ、やはり今後のことも考えたい。本大会を見据えると「フィジカルの弱さ」が気になる。

 イラクの同点ゴールのシーンは、完全にフィジカルで相手に圧倒されていた。試合を通してセカンドボールが拾えず、それが苦戦の原因にもなったが、これもフィジカル勝負に勝てなかったことが原因だ。それでも日本には「全員で守る」という共通意識が根付いており、失点を重ねることなく試合終盤を迎え、劇的な勝利につながった。

 日本には、技術が高いというアドバンテージがある。それ故に何をやるにしても「巧み」にやろうとしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る