「鳥谷を二塁へ」 虎OB福間納氏が“超変革”コンバート提言

公開日: 更新日:

「内野のコンバートです。今年はリーグ5位の41失策に加え、記録に残らないミスが多い。今季9失策で打撃でも衰えが目立つベテラン鳥谷は、負担を減らすためにも遊撃から二塁へ。二塁はWBCでも経験しているので問題ないはずです。遊撃にはチーム屈指の身体能力を誇る大和を起用する。今の大和は便利屋になっているが、打撃にある程度目をつぶっても、内野はグッと締まる。そして、成長を見せる4年目の北條は三塁に専念させる。過去にはヤクルトが、遊撃で失格の烙印を押された山田を二塁で粘り強く起用。結果的にレギュラーを奪った。北條は遊撃は難しいが、三塁での動きは悪くない。一つのポジションに固定することで、この日3安打した打撃がさらに一皮むける可能性もあります」

「超変革」をスローガンに掲げるなら、大胆なことをやってもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  4. 4

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  9. 9

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る