• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本女子バスケ「リオ五輪切符」で鮮明 中韓“弱体化”の理由

 団体競技で最初のリオ五輪出場権を獲得したのは、最も望み薄とされた女子バスケットボールだった。5日に閉幕したリオ五輪予選を兼ねるアジア選手権を7戦全勝で制し、2004年アテネ以来3大会ぶりの五輪出場を決めた。

 世界ランキング15位の日本は今大会で同8位の中国、同12位の韓国を撃破。今季、米女子プロバスケットボール(WNBA)のシアトル・ストームでレギュラーを掴んだ渡嘉敷来夢(24=身長192センチ)の高さと若手のスピードを生かした戦術が功を奏したのが勝因のひとつには違いないが、それ以上にライバル2カ国の凋落は無視できない。中、韓とも世代交代の時期に差し掛かりながら、若手の底上げに失敗したからだ。

■韓国では代表監督を固辞する指導者も

 これまで世界的な選手を輩出してきた中国は、ここ数年、実力の低下が著しい。かつてはWNBAでも鄭海霞(前ロサンゼルス)、隋菲菲(前サクラメント)らがプレーしたが、中国国内リーグの拡充を図るため選手の海外流出を制限。ここ数年はWNBAでプレーする選手は皆無になった。その一方で、中国リーグは昨季から外国人選手のプレーを解禁したものの、欧州や豪州のトップ選手はWNBAと契約する。外国人は二線級ばかりで中国選手のレベルアップにはつながらず、今回は国内組で代表を編成して臨んだ結果、2位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る