リオ五輪7人制ラグビー 日本女子代表を待つ“ブラジルの笛”

公開日: 更新日:

 初代メダリストに名を連ねるには相手が悪かった。

 29日、日本ラグビー協会はリオ五輪代表候補の男女メンバーを発表。男子では昨年のW杯にも出場した山田章仁(30)、女子ではラグビー界を代表する美女として知られる山口真理恵(26)らが選ばれた。

 女子の7人制ラグビーは世界ランク上位4カ国(豪州、NZ、カナダ、英国)が優勝候補。同5位のフランス以下、10位の日本までが2番手グループを形成している。日本の上位進出、メダル取りの可能性も見えてくるが、今回は予選の組み合わせに恵まれなかった。

 日本のC組はカナダ、英国、ブラジルの4カ国。このうちカナダと英国は実力が抜けていて、地元ブラジルはリオに向け急ピッチで強化を進めている。浅見敬子ヘッドコーチも「成長の余地があるので注意したい」と警戒する。

 ブラジルの世界ランクは9位。実力は日本と互角でも、ブラジルにはホームアドバンテージがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る