宮里優作は6オーバー141位 “郵便切手”パー3で7打が響く

公開日: 更新日:

【全英オープン 初日】

 大会名物ホールが8番パー3だ。距離は123ヤードしかないが、郵便切手と呼ばれる縦長グリーンの周りに5つの深いバンカーを配し、選手にプレッシャーを与える。

 このホールでつまずく選手が多い。2年ぶり2度目出場の宮里優作(36)は打ち下ろしのティーショットを曲げて、グリーン左サイドの小山のブッシュの中。アンプレアブルを宣言すると、3打目はグリーンをオーバーして、さらに傾斜で右サイドのバンカーへ転がり落ちた。脱出は目の前の壁に当たって失敗。5打目にピンそば2メートルに運ぶが、ドタバタ続きに冷静さを失っていたのか、パットも外してカドラプルボギー「7」。このホールが大きく響き、6オーバー、141位タイだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  5. 5

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  9. 9

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  10. 10

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

もっと見る