コース警戒しすぎた…松山英樹“大誤算”の1オーバー75位

公開日: 更新日:

【全英オープン 初日】

 4年連続、4度目出場の松山英樹(24)は3バーディー、4ボギーの1オーバーで、首位と9打差の75位と大きく出遅れた。

 会場のロイヤルトルーンGCはアウト(3445ヤード)がイン(3745ヤード)よりも距離が短いため、「全英では最もやさしいフロント9、最も難しいバック9」といわれている。だから前半で貯金をため、後半はボギーをたたかずに耐えるゴルフが求められる。

 松山は1番パー4でドライバーを手にグリーンそばまで運び、2打目はピンそば1メートル弱につけ、バーディースタート。2番以降はティーショットにロングアイアンを手にしてフェアウエーキープに徹し、手堅いゴルフを続けた。

 4番パー5は2オンに成功し、イーグル外しのバーディーを奪ったが、5番パー3がグリーン奥から寄せ切れず、初ボギー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  5. 5

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  6. 6

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る