現地紙が世論調査 ブラジル人の半数がリオ五輪に「反対」

公開日: 更新日:

 8月に開催されるリオ五輪について、消極的な数字が出てきた。

 ブラジルのフォリャ・ジ・サンパウロ紙がリオ五輪に関する世論調査の結果を発表(2800人を対象)。それによると、ブラジル人の50%が開催に反対し、13年の調査の2倍に達したという。64%だった賛成は40%まで低下した。

 また63%が五輪が利益よりも損害を与えると考え、57%が「誇り」より、「恥」になると回答した。五輪に「非常に関心がある」と答えたのはわずか16%。13年の調査が35%だったから半分以下に激減だ。「まったく関心がない」は28%から51%に増加した。

 五輪招致が決まった09年時点のブラジル経済は好調だったが、その後は低迷。五輪出場予定のオーストラリアとスペインの選手が強盗に襲われた事件が報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る