• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現地紙が世論調査 ブラジル人の半数がリオ五輪に「反対」

 8月に開催されるリオ五輪について、消極的な数字が出てきた。

 ブラジルのフォリャ・ジ・サンパウロ紙がリオ五輪に関する世論調査の結果を発表(2800人を対象)。それによると、ブラジル人の50%が開催に反対し、13年の調査の2倍に達したという。64%だった賛成は40%まで低下した。

 また63%が五輪が利益よりも損害を与えると考え、57%が「誇り」より、「恥」になると回答した。五輪に「非常に関心がある」と答えたのはわずか16%。13年の調査が35%だったから半分以下に激減だ。「まったく関心がない」は28%から51%に増加した。

 五輪招致が決まった09年時点のブラジル経済は好調だったが、その後は低迷。五輪出場予定のオーストラリアとスペインの選手が強盗に襲われた事件が報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る