現地紙が世論調査 ブラジル人の半数がリオ五輪に「反対」

公開日:  更新日:

 8月に開催されるリオ五輪について、消極的な数字が出てきた。

 ブラジルのフォリャ・ジ・サンパウロ紙がリオ五輪に関する世論調査の結果を発表(2800人を対象)。それによると、ブラジル人の50%が開催に反対し、13年の調査の2倍に達したという。64%だった賛成は40%まで低下した。

 また63%が五輪が利益よりも損害を与えると考え、57%が「誇り」より、「恥」になると回答した。五輪に「非常に関心がある」と答えたのはわずか16%。13年の調査が35%だったから半分以下に激減だ。「まったく関心がない」は28%から51%に増加した。

 五輪招致が決まった09年時点のブラジル経済は好調だったが、その後は低迷。五輪出場予定のオーストラリアとスペインの選手が強盗に襲われた事件が報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る