現地紙が世論調査 ブラジル人の半数がリオ五輪に「反対」

公開日: 更新日:

 8月に開催されるリオ五輪について、消極的な数字が出てきた。

 ブラジルのフォリャ・ジ・サンパウロ紙がリオ五輪に関する世論調査の結果を発表(2800人を対象)。それによると、ブラジル人の50%が開催に反対し、13年の調査の2倍に達したという。64%だった賛成は40%まで低下した。

 また63%が五輪が利益よりも損害を与えると考え、57%が「誇り」より、「恥」になると回答した。五輪に「非常に関心がある」と答えたのはわずか16%。13年の調査が35%だったから半分以下に激減だ。「まったく関心がない」は28%から51%に増加した。

 五輪招致が決まった09年時点のブラジル経済は好調だったが、その後は低迷。五輪出場予定のオーストラリアとスペインの選手が強盗に襲われた事件が報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る