国家ぐるみ露ドーピング WADAが全選手にリオ出場禁止勧告

公開日: 更新日:

 2014年ソチ五輪でも、ロシアは国家ぐるみの不正を行っていた。世界反ドーピング機関(WADA)の調査チームが18日、調査結果を発表。ロシア政府が関与して選手への禁止薬物投与や検査結果のすり替えが行われていたと認定した。

 報告書によると、2010年バンクーバー冬季五輪後にロシアのスポーツ省や反ドーピング機関などが関与し、不正を行うシステムを構築。陽性反応が出る尿検体を捨て、保存していた問題のない検体に移し替えるなどしていた。12年ロンドン五輪や13年陸上世界選手権とユニバーシアード、15年水泳世界選手権でも不正があったという。

 この調査結果を受け、WADAは開幕が迫るリオ五輪・パラリンピックでロシア選手団の全面的な出場禁止を検討すべきだと国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に勧告した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る