• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国家ぐるみ露ドーピング WADAが全選手にリオ出場禁止勧告

 2014年ソチ五輪でも、ロシアは国家ぐるみの不正を行っていた。世界反ドーピング機関(WADA)の調査チームが18日、調査結果を発表。ロシア政府が関与して選手への禁止薬物投与や検査結果のすり替えが行われていたと認定した。

 報告書によると、2010年バンクーバー冬季五輪後にロシアのスポーツ省や反ドーピング機関などが関与し、不正を行うシステムを構築。陽性反応が出る尿検体を捨て、保存していた問題のない検体に移し替えるなどしていた。12年ロンドン五輪や13年陸上世界選手権とユニバーシアード、15年水泳世界選手権でも不正があったという。

 この調査結果を受け、WADAは開幕が迫るリオ五輪・パラリンピックでロシア選手団の全面的な出場禁止を検討すべきだと国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に勧告した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る