国家ぐるみ露ドーピング WADAが全選手にリオ出場禁止勧告

公開日:  更新日:

 2014年ソチ五輪でも、ロシアは国家ぐるみの不正を行っていた。世界反ドーピング機関(WADA)の調査チームが18日、調査結果を発表。ロシア政府が関与して選手への禁止薬物投与や検査結果のすり替えが行われていたと認定した。

 報告書によると、2010年バンクーバー冬季五輪後にロシアのスポーツ省や反ドーピング機関などが関与し、不正を行うシステムを構築。陽性反応が出る尿検体を捨て、保存していた問題のない検体に移し替えるなどしていた。12年ロンドン五輪や13年陸上世界選手権とユニバーシアード、15年水泳世界選手権でも不正があったという。

 この調査結果を受け、WADAは開幕が迫るリオ五輪・パラリンピックでロシア選手団の全面的な出場禁止を検討すべきだと国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に勧告した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る