室伏が三度目アスリート委員選へ 露の薬物問題どう影響?

公開日:  更新日:

 ロシアのドーピング問題が思わぬところに波及した。リオ五輪会期中に行われる、国際オリンピック委員会(IOC)のアスリート委員選挙の情勢に影響しそうなのだ。

 今回、IOC委員とともに改選されるアスリート委員には、日本から先の日本選手権で派遣標準記録を突破できずに引退を決めた男子ハンマー投げの室伏広治(41)ら23人が立候補。ロシア陸連による組織的なドーピング問題で、五輪欠場を余儀なくされた女子棒高跳びの女王エレーナ・イシンバエワ(34)も立候補者に名を連ねている。

 アスリート委員選挙は五輪出場選手の投票で決定。夏季五輪からは8人が選出される(冬季は4人)。1競技につき1人しか選ばれないため、当初は五輪から除外されたイシンバエワに世界中のアスリートから同情票が集まるとみられていた。

 08年北京、12年ロンドン(選挙違反で無効)と2回連続で落選した室伏は今回の苦戦も予想されたが、ここにきて状況は一変。IOCでは、国ぐるみでドーピングに手を染めたロシアの関係者を要職から排除しようとする動きもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る