日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪ボクシング 森坂・成松に国際協会“派閥判定”の壁

 リオ五輪ボクシング代表で男子バンタム級(56キロ)の森坂嵐(20)、同ライト級(60キロ)の成松大介(26)が1日、リオに向けて出発した。

 今大会は男子の2枠のみの出場。ロンドン五輪ミドル級金の村田諒太(現帝拳)、バンタム級銅の清水聡(現大橋)に次ぐ2大会連続のメダル獲得の期待がかかる。

 森坂、成松とも「金メダル取り」を口にしているが、リオのリングでは不可解な判定に足を引っ張られかねない。

 ボクシングの国際大会では統括する国際ボクシング協会(AIBA)の派閥の力学が勝敗を左右するケースがあるからだ。

 アマチュアボクシング関係者によれば、例えば手数や有効打が互角の場合、ジャッジの裁定がAIBAの理事らに委ねられることもある。中でもAIBAの幹部の母国選手は有利な判定を下される傾向が強いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事