リオ五輪ボクシング 森坂・成松に国際協会“派閥判定”の壁

公開日:  更新日:

 リオ五輪ボクシング代表で男子バンタム級(56キロ)の森坂嵐(20)、同ライト級(60キロ)の成松大介(26)が1日、リオに向けて出発した。

 今大会は男子の2枠のみの出場。ロンドン五輪ミドル級金の村田諒太(現帝拳)、バンタム級銅の清水聡(現大橋)に次ぐ2大会連続のメダル獲得の期待がかかる。

 森坂、成松とも「金メダル取り」を口にしているが、リオのリングでは不可解な判定に足を引っ張られかねない。

 ボクシングの国際大会では統括する国際ボクシング協会(AIBA)の派閥の力学が勝敗を左右するケースがあるからだ。

 アマチュアボクシング関係者によれば、例えば手数や有効打が互角の場合、ジャッジの裁定がAIBAの理事らに委ねられることもある。中でもAIBAの幹部の母国選手は有利な判定を下される傾向が強いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る