日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「試合の体になってきた」 競泳・萩野が五輪本番へ手応え

 金メダル候補が調子を上げてきた。

 競泳男子の萩野公介(21=東洋大)が4日(日本時間5日未明)、五輪公園内の「水泳競技場」で練習を公開。約2時間の泳ぎ込みを行った。練習の合間には東洋大監督でもある日本代表の平井伯昌ヘッドコーチと笑顔で言葉を交わすなど、本番を直前にリラックスした表情を見せた。

 6日(同7日未明)には初戦となる400メートル個人メドレーが控える。昨年の世界選手権覇者で同学年のライバルである瀬戸大也(22=早稲田大)との金メダル争いが期待されているが「(練習では)自分が思う最高の泳ぎを一日一日積み重ねてきた。いい刺激を入れて、試合の体になってきた」と万全の状態をアピール。世界ランキング1位として臨む五輪は「(重圧は)感じるけど、受け入れて力に変えて、体の一部にしたい」と言う余裕も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事