世界1位萩野と7位瀬戸は大舞台リオ競泳で相乗効果

公開日:  更新日:

 メダル量産を期待されるのが男子競泳だ。

 日本のエースである萩野公介(21)は個人3種目(200、400メートル個人メドレー、200メートル自由形)と800メートルリレーに出場。同じ年の瀬戸大也は2種目(400メートル個人メドレー、200メートルバタフライ)で代表入りを果たした。

 競泳初日の8月6日に行われる400メートル個人メドレーでは、互いを「最大のライバル」と位置付け、金メダル争いを誓っている。今季、最新の世界ランクでは萩野が先の日本選手権でマークした4分8秒90がトップ。昨年の世界選手権を4分8秒50の自己ベストで制した瀬戸は1月の北島カップで記録した4分12秒98が今季のベストで世界7位と低迷している。

 今季の調子を見る限り2人のメダル争いは期待しにくい。


「萩野は昨年の右肘骨折から完全復活を果たし、出場する3種目とも世界記録を狙える位置に付けている。金メダルに近い存在です。一方の瀬戸は昨年、両かかとを手術して満足に泳ぎ込みができなかったこともあり、選考会の日本選手権ではタイムは伸びず、リオに向けて不安を残しました。が、彼は大舞台になるほど力を発揮するタイプ。400メートル個人メドレーは世界選手権(13、15年)、世界短水路選手権(12、14年)で連覇を達成するなど、国際大会で勝負強さが光る。萩野や海外のライバルとともにハイレベルなレースを展開すると思います」(スポーツライター・折山淑美氏)

 日本代表の平井伯昌監督は「初日の勢いはとても大切。(メダル量産の)鍵を握るのは初日の400メートル個人メドレー」と位置付けている。

 2人がこけたら日本競泳陣のメダル取りに暗雲がたちこめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る