世界1位萩野と7位瀬戸は大舞台リオ競泳で相乗効果

公開日: 更新日:

 メダル量産を期待されるのが男子競泳だ。

 日本のエースである萩野公介(21)は個人3種目(200、400メートル個人メドレー、200メートル自由形)と800メートルリレーに出場。同じ年の瀬戸大也は2種目(400メートル個人メドレー、200メートルバタフライ)で代表入りを果たした。

 競泳初日の8月6日に行われる400メートル個人メドレーでは、互いを「最大のライバル」と位置付け、金メダル争いを誓っている。今季、最新の世界ランクでは萩野が先の日本選手権でマークした4分8秒90がトップ。昨年の世界選手権を4分8秒50の自己ベストで制した瀬戸は1月の北島カップで記録した4分12秒98が今季のベストで世界7位と低迷している。

 今季の調子を見る限り2人のメダル争いは期待しにくい。


「萩野は昨年の右肘骨折から完全復活を果たし、出場する3種目とも世界記録を狙える位置に付けている。金メダルに近い存在です。一方の瀬戸は昨年、両かかとを手術して満足に泳ぎ込みができなかったこともあり、選考会の日本選手権ではタイムは伸びず、リオに向けて不安を残しました。が、彼は大舞台になるほど力を発揮するタイプ。400メートル個人メドレーは世界選手権(13、15年)、世界短水路選手権(12、14年)で連覇を達成するなど、国際大会で勝負強さが光る。萩野や海外のライバルとともにハイレベルなレースを展開すると思います」(スポーツライター・折山淑美氏)

 日本代表の平井伯昌監督は「初日の勢いはとても大切。(メダル量産の)鍵を握るのは初日の400メートル個人メドレー」と位置付けている。

 2人がこけたら日本競泳陣のメダル取りに暗雲がたちこめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    中村玉緒が“逆介護”で車いす生活の長女と不仲に…初のひとり暮らしを家族問題評論家はどう見た

    中村玉緒が“逆介護”で車いす生活の長女と不仲に…初のひとり暮らしを家族問題評論家はどう見た

  2. 2
    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

  3. 3
    「ゴゴスマ」が小室圭さん母子の金銭問題を45分も放送することに意味があるのか(成城大学教授・森暢平)

    「ゴゴスマ」が小室圭さん母子の金銭問題を45分も放送することに意味があるのか(成城大学教授・森暢平)

  4. 4
    引退宣言はどこへ…小室哲哉「TM NETWORK」復活にファンが注ぐ冷ややかな目

    引退宣言はどこへ…小室哲哉「TM NETWORK」復活にファンが注ぐ冷ややかな目

  5. 5
    楽天オコエは首筋寒っ! 高校生外野手2人ドラフト上位指名で崖っぷち

    楽天オコエは首筋寒っ! 高校生外野手2人ドラフト上位指名で崖っぷち

もっと見る

  1. 6
    鴈さん孤独死…中村玉緒との親子関係から見る「8050問題」

    鴈さん孤独死…中村玉緒との親子関係から見る「8050問題」

  2. 7
    香川1区で場外乱闘戦!「平井卓也vs小川淳也」の一騎打ちが維新候補擁立めぐりグチャグチャに

    香川1区で場外乱闘戦!「平井卓也vs小川淳也」の一騎打ちが維新候補擁立めぐりグチャグチャに

  3. 8
    長男が真相告白 名優・田宮二郎の衝撃自殺の陰に“三重苦”

    長男が真相告白 名優・田宮二郎の衝撃自殺の陰に“三重苦”

  4. 9
    V逸巨人指名の即戦力3投手に原監督ご満悦だが…早くもスカウト部が戦々恐々のワケ

    V逸巨人指名の即戦力3投手に原監督ご満悦だが…早くもスカウト部が戦々恐々のワケ

  5. 10
    巨人は今年も即戦力投手“かき集め”ドラフト 5年で10人指名→戦力2人、成功確率たったの20%

    巨人は今年も即戦力投手“かき集め”ドラフト 5年で10人指名→戦力2人、成功確率たったの20%