• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“不敵な男”本領発揮 大野将平が一本勝ちラッシュで「金」

 誇らしげな表情で表彰台の真ん中に立った。

 8日(日本時間9日午前)に行われたリオ五輪男子柔道73キロ級決勝。日本柔道界が待望した金メダルを胸に下げた大野将平(24)は、「やっと安心できました。ホッとした」と小さく息を吐いた。

 初戦となった2回戦から圧倒した。足技で相手を崩すと、崩れけさ固めで一本勝ち。続く3回戦は得意の内股を鮮やかに決め、準々決勝は序盤の腰車で技ありを奪って危なげなく逃げ切った。

「最低でも優勝。最低でも金メダル。圧倒的な強さを見せつけたい」

 代表に決まって以来、強気なコメントを繰り返した大野は、メダルの重圧を一身に背負った。井上康生男子監督には今大会7代表の中で「一番金メダルに近い男」と期待され、関係者は「大野でダメならロンドンの二の舞い」と口を揃えた。前回五輪で日本男子は、柔道が競技採用された64年以来初となる金メダルなしに終わった。屈辱を晴らすのは、13年と昨年の世界選手権を制した大野しかいない──そんなプレッシャーをしかし、ものともしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る