柔道女子57キロ級 松本薫は連覇ならず「銅」…野獣引退へ

公開日:  更新日:

 8日(日本時間9日)、リオ五輪柔道女子57キロ級の松本薫(28)が準決勝で敗退。3位決定戦で有効を奪い、銅メダルに終わった。試合後、スタンドからの声援に目を潤ませ手を振った松本は「金メダルを目指していたので、どう切り替えようかと思ったけど、何も持たないで日本に帰れないと思いました」とうつむいた。

 前回大会のロンドン五輪では金メダルを獲得。獣を彷彿させる試合前の鋭い目つき、畳の上で相手に猛然と向かっていくそのしぐさから「野獣」の呼称で一躍有名になった。独特の表現や不思議な言動も注目され、代表決定後の会見でも「野獣は野獣でも、知性ある野獣ということで」とニヤリ。女子柔道の注目を一身に集めてきた。

 今回のリオでも早くから連覇が期待されていたが、ロンドン後に手術をした右ひじの不調が影響して国際大会で苦戦を強いられることも。年齢からくる衰えを指摘する声も大きくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る