日本選手権でトラック2冠 成長株の大迫に“決勝進出”期待

公開日:  更新日:

 口だけか、それとも実力者か。

 陸連は27日、リオ五輪に出場するトラック&フィールドの日本代表選手を発表したが、男子100メートルで国内初の9秒台が期待される桐生祥秀(20)やケンブリッジ飛鳥(23)、200メートルで日本新記録を更新した福島千里(27)はマスコミを賑わせても、本番では入賞さえ厳しいのが現実だ。

 体力、筋肉の質で外国人に劣る日本選手が、トラックやフィールド競技で入賞(8位以内)することは至難の業だ。そんな中で1万メートルと5000メートルの2種目に出場する大迫傑(25)が大きく出た。

 1万の入賞は00年シドニー大会の高岡寿成(現カネボウ陸上競技部監督)の7位が最後。5000の入賞は、1936年のベルリン大会(村社講平=4位)までさかのぼらなければならない。それだけ厳しい種目で大迫は、「1万は入賞を目指す。5000は決勝に進みたい」と言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る