• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子レスリング伊調馨が史上初4連覇 “残り4秒”の大逆転劇

 絶対王者が偉業を成し遂げた。リオ五輪女子レスリング58キロ級の伊調馨(32)が、決勝でワレリア・コブロワゾロボワ(23=ロシア)に勝利。女子個人種目で五輪史上初となる4連覇を達成した。

 初戦からの3試合は、わずか1失点と危なげなく勝ち上がった。決勝では過去に吉田沙保里を破った経験を持つロシアの強豪相手に苦戦を強いられた。第1ピリオドは相手の反則から1点を先取したが、2分20秒すぎに片足タックルからバックを取られ、2点を返される。1点リードを許して第1ピリオドを終えた。

 第2ピリオドはいきなりピンチに立たされた。30秒すぎに一瞬の隙を突かれて片足を取られ、相手に押し込まれる。試合を決めかねない窮地を、相手の上体を抱きかかえるようにして動きを封じ、辛うじて逃げ切った。

 その後は相手の反則にてこずり、攻め手を欠いたが、試合が動いたのは残り15秒すぎだった。片足を取られ、グラウンドで上体を返そうとする相手の猛攻に、必死に耐える。直後、取られた右足を引き離すと、最後はバックを取って2点を加え試合をひっくり返した。残り4秒での大逆転劇である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る