団体銅も大きい中国との差 女子卓球「東京五輪」への課題

公開日:  更新日:

 手ぶら帰国は免れた。

 前回大会銀メダルの卓球女子団体は、3位決定戦でシンガポールを破り、リオ五輪で銅メダルを手にした。

 2勝1敗で迎えた第4試合。15歳の伊藤美誠は第1ゲームこそ接戦だったが、格上のフェン・ティアンウェイにストレート勝ち。その瞬間、伊藤は両手をあげて満面の笑み。ベンチの福原愛(27)は石川佳純(23)と抱き合って泣いた。

 マイクの前でもボロ泣きの福原は時折言葉を詰まらせながら「本当によかったです。足を引っ張ってばかりで、みんなに感謝です。ダブルスは死ぬ気で勝ちにいった。(今大会は)いい試合も、悔しい試合も同じくらいあった。本当に苦しいオリンピックでした」と言った。

 女子団体は前回のロンドン大会で、日本卓球史上初となる銀メダルを獲得。今大会も決勝まで中国と当たらない第2シードで臨んだが、準決勝でドイツに負けたのが誤算だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る