日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪の素朴な疑問 家族の「観戦チケット」は自腹なのか

 8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪。熱い戦いを繰り広げるのは選手ばかりでなく、その家族も一緒だ。

 オリンピックの中継を見ていると、よく客席に陣取る家族の姿が映し出されたりする。有名なところでは、女子レスリングの浜口京子選手のご両親だろう。

 で、ちょっと気になったのが、家族の観戦チケット。自腹で購入しているのか、それとも競技団体などを通じて融通してもらっているものなのか?

「一定数のチケットは確保していますが、主に選手、スタッフ用です。家族・親族のチケットについては、各競技団体によって取り扱いが違います」(JOC担当者)

 さすがにチケット自体は確保しているようだ。では、日本陸連では扱いをどうしているのか。

「大会にもよりますが、今回、陸連としてはチケットを配ったりしておりません。家族の方々が応援に行かれる場合、自腹となります。2020年の東京五輪に関しては、何も決まっていません」(日本陸連・広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事