3度目正直ならず…室伏広治IOC選手委選挙でまたまた落選

公開日:  更新日:

 三度目の正直とはならなかった。

 国際オリンピック委員会(IOC)は18日(日本時間19日)、選手委員会選挙の結果を発表。日本から立候補していた陸上男子ハンマー投げの2004年アテネ五輪金メダルの室伏広治氏(41)は落選し、同じ陸上からは女子棒高跳びの世界記録保持者(5メートル06センチ)、エレーナ・イシンバエワ(34=ロシア)が当選した。

 同選挙はリオ五輪に参加している約1万1000人の選手に投票権があり、17日までの25日間で5185人が投票。イシンバエワは1365票を集め、室伏は1070票で立候補者23人のうち10番目の得票だった。

 室伏はロンドン五輪では当選圏内に入りながら、違反があったとして失格。今回は3度目の立候補だったが、念願だった要職への就任はならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る