3度目正直ならず…室伏広治IOC選手委選挙でまたまた落選

公開日: 更新日:

 三度目の正直とはならなかった。

 国際オリンピック委員会(IOC)は18日(日本時間19日)、選手委員会選挙の結果を発表。日本から立候補していた陸上男子ハンマー投げの2004年アテネ五輪金メダルの室伏広治氏(41)は落選し、同じ陸上からは女子棒高跳びの世界記録保持者(5メートル06センチ)、エレーナ・イシンバエワ(34=ロシア)が当選した。

 同選挙はリオ五輪に参加している約1万1000人の選手に投票権があり、17日までの25日間で5185人が投票。イシンバエワは1365票を集め、室伏は1070票で立候補者23人のうち10番目の得票だった。

 室伏はロンドン五輪では当選圏内に入りながら、違反があったとして失格。今回は3度目の立候補だったが、念願だった要職への就任はならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る