• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ノーマークから初準V 粘り強さの北海“大躍進”のカラクリ

 決勝で敗れたとはいえ、大躍進といえるだろう。

 右腕の大西健斗(3年)を擁し、創部116年目にして初の準優勝となった北海(南北海道)。37回の夏出場は全国最多の伝統校も夏の初戦突破は22年ぶり。優勝した作新学院(栃木)には「ドラ1」候補の今井達也(3年)という大エースがいたが、北海はこれといったタレントもいない。大会前はノーマークに等しかった。

 エース兼主将の大西は、今回の活躍により一気に注目の的になった。あるスカウトによれば、「慶応など有名大が獲得に関心を持ち始めた」という。

 北海の南北海道は激戦区。03年から07年まで夏の予選5連覇の駒大苫小牧時代は終わり、北海が今回、2年連続出場を果たすまでの7年間、札幌第一、北照、東海大四(現東海大札幌)が入れ替わりで優勝。北海の坪岡部長は「最近は優秀な中学生が各高校に分散する傾向がある。どの高校が勝ってもおかしくない」と言えば、マスコミ関係者はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る