ノーマークから初準V 粘り強さの北海“大躍進”のカラクリ

公開日:  更新日:

 決勝で敗れたとはいえ、大躍進といえるだろう。

 右腕の大西健斗(3年)を擁し、創部116年目にして初の準優勝となった北海(南北海道)。37回の夏出場は全国最多の伝統校も夏の初戦突破は22年ぶり。優勝した作新学院(栃木)には「ドラ1」候補の今井達也(3年)という大エースがいたが、北海はこれといったタレントもいない。大会前はノーマークに等しかった。

 エース兼主将の大西は、今回の活躍により一気に注目の的になった。あるスカウトによれば、「慶応など有名大が獲得に関心を持ち始めた」という。

 北海の南北海道は激戦区。03年から07年まで夏の予選5連覇の駒大苫小牧時代は終わり、北海が今回、2年連続出場を果たすまでの7年間、札幌第一、北照、東海大四(現東海大札幌)が入れ替わりで優勝。北海の坪岡部長は「最近は優秀な中学生が各高校に分散する傾向がある。どの高校が勝ってもおかしくない」と言えば、マスコミ関係者はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る