タイL知る岩政大樹が語る FIFAランク120位の意外な実力

公開日:  更新日:

 ロシアW杯アジア最終予選初戦のUAE戦を1―2で落としたハリルホジッチ日本代表。98年フランスW杯以降、アジアで最終予選初戦黒星スタート国のW杯出場確率は0%だが、FW本田圭佑(30)は「逆に燃える」と鼻息を荒くし、指揮官に選手、そして日本サッカー協会の関係者たちは「2戦目のタイ戦は、絶対に負けるわけにはいかない。必ず勝ち点3を持ち帰る」と口を揃える。

 4日、日本代表は現地午後5時30分からバンコク市内でトレーニングを行った。UAE戦はボランチのMF柏木陽介(28=浦和)が股関節痛で先発から外れ、代表デビューとなったMF大島僚太(23=川崎)が代役としてスクランブル出場したが、不用意なファウルを犯してPKを献上するなど、足を引っ張った。

 それだけに柏木の復調ぶりに注目が集まった。

「3日は別メニュー調整だった柏木ですが、4日は全体練習のメニューを順調に消化し、タイ戦には長谷部誠(32=フランクフルト)とペアを組んで出場するでしょう。3日は選手がUAE戦敗退のショックを引きずっている様子でしたが、4日は別メニューの選手もひとりもおらず、チーム全体から非常に前向きな雰囲気が伝わってきました。タイ戦に向けて仕上がりは順調です」(現地取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る