• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タイL知る岩政大樹が語る FIFAランク120位の意外な実力

 ロシアW杯アジア最終予選初戦のUAE戦を1―2で落としたハリルホジッチ日本代表。98年フランスW杯以降、アジアで最終予選初戦黒星スタート国のW杯出場確率は0%だが、FW本田圭佑(30)は「逆に燃える」と鼻息を荒くし、指揮官に選手、そして日本サッカー協会の関係者たちは「2戦目のタイ戦は、絶対に負けるわけにはいかない。必ず勝ち点3を持ち帰る」と口を揃える。

 4日、日本代表は現地午後5時30分からバンコク市内でトレーニングを行った。UAE戦はボランチのMF柏木陽介(28=浦和)が股関節痛で先発から外れ、代表デビューとなったMF大島僚太(23=川崎)が代役としてスクランブル出場したが、不用意なファウルを犯してPKを献上するなど、足を引っ張った。

 それだけに柏木の復調ぶりに注目が集まった。

「3日は別メニュー調整だった柏木ですが、4日は全体練習のメニューを順調に消化し、タイ戦には長谷部誠(32=フランクフルト)とペアを組んで出場するでしょう。3日は選手がUAE戦敗退のショックを引きずっている様子でしたが、4日は別メニューの選手もひとりもおらず、チーム全体から非常に前向きな雰囲気が伝わってきました。タイ戦に向けて仕上がりは順調です」(現地取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る