錦織は8強で4635万円獲得 全米OPテニス“太っ腹”賞金事情

公開日:  更新日:

 知らない人も多いのではないか。

 錦織がベスト8に駒を進めた全米オープン。テニスでは、最も賞金額の大きい大会として毎年話題になる。今年もシングルスの優勝は昨年の330万ドル(約3億3990万円)から史上最高となる350万ドル(約3億6050万円)に上がった。1990年の優勝賞金は35万ドルだった。26年で10倍にもハネ上がったわけだ。

 ベスト8に進んだ錦織は、すでに45万ドル(約4635万円)を手にしているが、本戦1回戦で敗退した選手にも4万3313ドル(約446万円)の賞金が出た。

「それだけではありません」と言うのは、73年のグランドスラムから取材を続けてきたテニスジャーナリストの塚越亘氏だ。

「今大会には128選手が参加しているが、その予選でも128人が戦い、3勝した16選手が本戦のキップを得た。予選といっても4大大会では賞金が出ます。今年の全米オープンは予選の1回戦負けでも5606ドル(約57万7400円)、2回戦なら1万900ドル(112万2700円)、3回戦で涙をのんでも1万6350ドル(約168万4000円)が支払われます。それにしても、近年の賞金額の上がり方は激しい。スポンサーが多くなったのは欧米だけでなく、世界的にテニス人気が広がっているからです。テレビの力が大きいといえます」

 ちなみに4大大会のシングルスは、男子は5セットマッチ(3セット先取)で、女子は3セットマッチ(2セット先取)。それでも賞金は同額なので不満を漏らす男子選手も中にはいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る