錦織は8強で4635万円獲得 全米OPテニス“太っ腹”賞金事情

公開日: 更新日:

 知らない人も多いのではないか。

 錦織がベスト8に駒を進めた全米オープン。テニスでは、最も賞金額の大きい大会として毎年話題になる。今年もシングルスの優勝は昨年の330万ドル(約3億3990万円)から史上最高となる350万ドル(約3億6050万円)に上がった。1990年の優勝賞金は35万ドルだった。26年で10倍にもハネ上がったわけだ。

 ベスト8に進んだ錦織は、すでに45万ドル(約4635万円)を手にしているが、本戦1回戦で敗退した選手にも4万3313ドル(約446万円)の賞金が出た。

「それだけではありません」と言うのは、73年のグランドスラムから取材を続けてきたテニスジャーナリストの塚越亘氏だ。

「今大会には128選手が参加しているが、その予選でも128人が戦い、3勝した16選手が本戦のキップを得た。予選といっても4大大会では賞金が出ます。今年の全米オープンは予選の1回戦負けでも5606ドル(約57万7400円)、2回戦なら1万900ドル(112万2700円)、3回戦で涙をのんでも1万6350ドル(約168万4000円)が支払われます。それにしても、近年の賞金額の上がり方は激しい。スポンサーが多くなったのは欧米だけでなく、世界的にテニス人気が広がっているからです。テレビの力が大きいといえます」

 ちなみに4大大会のシングルスは、男子は5セットマッチ(3セット先取)で、女子は3セットマッチ(2セット先取)。それでも賞金は同額なので不満を漏らす男子選手も中にはいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る