• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織は8強で4635万円獲得 全米OPテニス“太っ腹”賞金事情

 知らない人も多いのではないか。

 錦織がベスト8に駒を進めた全米オープン。テニスでは、最も賞金額の大きい大会として毎年話題になる。今年もシングルスの優勝は昨年の330万ドル(約3億3990万円)から史上最高となる350万ドル(約3億6050万円)に上がった。1990年の優勝賞金は35万ドルだった。26年で10倍にもハネ上がったわけだ。

 ベスト8に進んだ錦織は、すでに45万ドル(約4635万円)を手にしているが、本戦1回戦で敗退した選手にも4万3313ドル(約446万円)の賞金が出た。

「それだけではありません」と言うのは、73年のグランドスラムから取材を続けてきたテニスジャーナリストの塚越亘氏だ。

「今大会には128選手が参加しているが、その予選でも128人が戦い、3勝した16選手が本戦のキップを得た。予選といっても4大大会では賞金が出ます。今年の全米オープンは予選の1回戦負けでも5606ドル(約57万7400円)、2回戦なら1万900ドル(112万2700円)、3回戦で涙をのんでも1万6350ドル(約168万4000円)が支払われます。それにしても、近年の賞金額の上がり方は激しい。スポンサーが多くなったのは欧米だけでなく、世界的にテニス人気が広がっているからです。テレビの力が大きいといえます」

 ちなみに4大大会のシングルスは、男子は5セットマッチ(3セット先取)で、女子は3セットマッチ(2セット先取)。それでも賞金は同額なので不満を漏らす男子選手も中にはいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る