錦織が全米8強進出 高速サーブ“解禁”でマリーに挑む

公開日:  更新日:

 大舞台で2年ぶりの決勝進出を目指す男子テニスの錦織圭(26)が苦しみながら8強進出を決めた。

 5日(日本時間6日)の全米オープンテニス男子シングルス4回戦で世界ランキング7位で第6シードの錦織が同23位で第21シードのイボ・カロビッチ(37=クロアチア)をセットカウント3-0で下し、2年ぶりの8強入りを決めた。準々決勝では第2シードのアンディ・マリー(29=英国)と対戦する。

 錦織は男子テニスで最長身(210センチ)選手である相手の強烈なサーブにてこずりながらも第1、第2セットは早々とブレークに成功。試合後「リターンが良かった、いい集中力で戦えた」と振り返った通り、コースを読んで対抗した。最終第3セットは第10ゲームでブレークされるピンチにも、3度のジュースの末にキープして粘る相手を振り切った。


 錦織は16強入りを決めた際、「格上選手に勝つには、そろそろギアを上げていきたい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る