あの全米準Vから2年…錦織圭“足踏み”状態は何が原因か

公開日:  更新日:

 壁を破れない状態が続いている。

 錦織圭(26=世界ランク7位)が14年の全米オープン決勝戦で日本中を沸かせてから、はや2年が経つ。13年末に11位だった世界ランクは、同年末にマイケル・チャンをコーチに招聘して、一時は4位まで上がったものの、4大大会のファイナルは14年の全米が最後。マスターズ1000の優勝さえ実現していない。

 実力が違うと言えばそれまでだが、同ランク2位のA・マレー(29=英国)は今年6月、元世界1位のI・レンドルとの師弟関係を2年ぶりに復活させて、すぐに全英に勝ち、五輪も連覇した。マレーの4大大会制覇は13年全英以来、3年ぶりだった。

「レンドルをチームの一員に再加入させた目的は、もちろん打倒ジョコビッチと世界ランク1位の座を奪取すること。マレーは14年3月にレンドルとの師弟関係を終えた後、元世界1位の女性コーチ、モレスモに指導を受けてきた。その間ジョコを倒すことはできず、今年の全豪も決勝で敗れ5月に決別した。皮肉なことにジョコは6月の全仏でもマレーに勝ち、史上8人目となる生涯グランドスラムを達成。マレーは全仏でジョコに負けた直後にレンドルをコーチに呼ぶと、これまで以上にフォアハンドがよくなり攻撃的なプレーが増えた。マレーに限らず、自分の状態や目標、方針転換、新たな課題が見つかるなどの理由でコーチを代える選手は珍しくない」(テニスライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る