• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの全米準Vから2年…錦織圭“足踏み”状態は何が原因か

 壁を破れない状態が続いている。

 錦織圭(26=世界ランク7位)が14年の全米オープン決勝戦で日本中を沸かせてから、はや2年が経つ。13年末に11位だった世界ランクは、同年末にマイケル・チャンをコーチに招聘して、一時は4位まで上がったものの、4大大会のファイナルは14年の全米が最後。マスターズ1000の優勝さえ実現していない。

 実力が違うと言えばそれまでだが、同ランク2位のA・マレー(29=英国)は今年6月、元世界1位のI・レンドルとの師弟関係を2年ぶりに復活させて、すぐに全英に勝ち、五輪も連覇した。マレーの4大大会制覇は13年全英以来、3年ぶりだった。

「レンドルをチームの一員に再加入させた目的は、もちろん打倒ジョコビッチと世界ランク1位の座を奪取すること。マレーは14年3月にレンドルとの師弟関係を終えた後、元世界1位の女性コーチ、モレスモに指導を受けてきた。その間ジョコを倒すことはできず、今年の全豪も決勝で敗れ5月に決別した。皮肉なことにジョコは6月の全仏でもマレーに勝ち、史上8人目となる生涯グランドスラムを達成。マレーは全仏でジョコに負けた直後にレンドルをコーチに呼ぶと、これまで以上にフォアハンドがよくなり攻撃的なプレーが増えた。マレーに限らず、自分の状態や目標、方針転換、新たな課題が見つかるなどの理由でコーチを代える選手は珍しくない」(テニスライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る