• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの全米準Vから2年…錦織圭“足踏み”状態は何が原因か

 壁を破れない状態が続いている。

 錦織圭(26=世界ランク7位)が14年の全米オープン決勝戦で日本中を沸かせてから、はや2年が経つ。13年末に11位だった世界ランクは、同年末にマイケル・チャンをコーチに招聘して、一時は4位まで上がったものの、4大大会のファイナルは14年の全米が最後。マスターズ1000の優勝さえ実現していない。

 実力が違うと言えばそれまでだが、同ランク2位のA・マレー(29=英国)は今年6月、元世界1位のI・レンドルとの師弟関係を2年ぶりに復活させて、すぐに全英に勝ち、五輪も連覇した。マレーの4大大会制覇は13年全英以来、3年ぶりだった。

「レンドルをチームの一員に再加入させた目的は、もちろん打倒ジョコビッチと世界ランク1位の座を奪取すること。マレーは14年3月にレンドルとの師弟関係を終えた後、元世界1位の女性コーチ、モレスモに指導を受けてきた。その間ジョコを倒すことはできず、今年の全豪も決勝で敗れ5月に決別した。皮肉なことにジョコは6月の全仏でもマレーに勝ち、史上8人目となる生涯グランドスラムを達成。マレーは全仏でジョコに負けた直後にレンドルをコーチに呼ぶと、これまで以上にフォアハンドがよくなり攻撃的なプレーが増えた。マレーに限らず、自分の状態や目標、方針転換、新たな課題が見つかるなどの理由でコーチを代える選手は珍しくない」(テニスライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る