日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

現役25年に幕 三浦大輔のすべてが詰まっていた最後の登板

 本人が決めたこととはいえ、「もったいない。まだまだできる」というのが私の感想だ。

 引退を発表したDeNAの三浦大輔(42)が先発した16日の阪神戦をネット裏から見た。現時点で「現役最後の登板」となったその試合は、4回3分の1を投げて6安打2失点。初回に福留に2ランを浴び、五回に連打されたところで交代を告げられた。本人の話によれば、この試合後に球団に引退の決意を伝えたそうだが、内容は決して悪くなかった。

 コントロールは抜群。内、外、高、低と自在にストライクが取れ、140キロに満たない直球を恐れることなく内角に投げ込んでもいた。私が横浜の監督を務めていた20年前、ベンチから「内角を突け。次も、次も、ここも内に行け!」とシグナルを送ると、ためらうことなく3球でも4球でも打者の懐をえぐった。当時も直球の平均スピードは140キロそこそこだったが、誰よりも内角球の重要性を理解していたのがこの三浦だった。そんなあの頃と少しも変わらぬ制球力、そして、気力を見てうれしく思った直後の一報だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事