ハリルどう使う? 横浜M斎藤はイラク戦・豪戦の秘密兵器

公開日: 更新日:

 W杯アジア最終予選(6日のイラク戦=埼玉スタジアム、11日のオーストラリア戦=メルボルン)に招集されたドイツ・マインツのFW武藤嘉紀(24)が9月29日に古傷の右ヒザを、ドイツ・アウクスブルクのFW宇佐美貴史(24)も同日、足首の筋を痛めて代表合流を辞退した。

 代表常連の左サイドアタッカー2人が一度にいなくなり、同じポジションの横浜M・FW斎藤学(26)が、合宿前日の1日に追加招集された。

 この斎藤の評判がすこぶるいい。そもそも9月29日に日本代表のハリルホジッチ監督が合宿メンバーを発表した際、斎藤の名前がないことにJリーグ関係者からも「日本人ドリブラーの中で一番キレキレ。いくら欧州組偏重とはいえ、呼ばないのはもったいない!」という声が噴出していた。

「斎藤のストロングポイントは、左サイドからドリブルで持ち込み、カットインしてシュートに持ち込むところですが、加えて効果的なタテへの突破力もあり、相手DFにとっては非常に守りづらいアタッカーです。さらにもうひとつ。14年ブラジルW杯以降、相手ゴール前までドリブルで攻め入り、絶妙なタイミングでラストパスを繰り出すこともできるようになった。今合宿では、いじられ役としてムードメーカーにもなっており、日本代表の重要な戦力の一人と言っていいでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る