• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハリルどう使う? 横浜M斎藤はイラク戦・豪戦の秘密兵器

 W杯アジア最終予選(6日のイラク戦=埼玉スタジアム、11日のオーストラリア戦=メルボルン)に招集されたドイツ・マインツのFW武藤嘉紀(24)が9月29日に古傷の右ヒザを、ドイツ・アウクスブルクのFW宇佐美貴史(24)も同日、足首の筋を痛めて代表合流を辞退した。

 代表常連の左サイドアタッカー2人が一度にいなくなり、同じポジションの横浜M・FW斎藤学(26)が、合宿前日の1日に追加招集された。

 この斎藤の評判がすこぶるいい。そもそも9月29日に日本代表のハリルホジッチ監督が合宿メンバーを発表した際、斎藤の名前がないことにJリーグ関係者からも「日本人ドリブラーの中で一番キレキレ。いくら欧州組偏重とはいえ、呼ばないのはもったいない!」という声が噴出していた。

「斎藤のストロングポイントは、左サイドからドリブルで持ち込み、カットインしてシュートに持ち込むところですが、加えて効果的なタテへの突破力もあり、相手DFにとっては非常に守りづらいアタッカーです。さらにもうひとつ。14年ブラジルW杯以降、相手ゴール前までドリブルで攻め入り、絶妙なタイミングでラストパスを繰り出すこともできるようになった。今合宿では、いじられ役としてムードメーカーにもなっており、日本代表の重要な戦力の一人と言っていいでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る