日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

待遇に不満? ラグビー日本代表入り“諸事情で辞退”の裏側

 これでは19年日本W杯が思いやられる。

 28日、日本ラグビー協会は11月5日のアルゼンチン戦(秩父宮)と欧州遠征の代表メンバー32人を発表した。が、共同主将に指名されたFW堀江翔太(30)、BK立川理道(26)ら15年W杯組は12人だけ。初選出は17人にも上ったのだ。

 ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC、46=写真)は「ケガやコンディションに不安を抱えていたり、諸事情で選べなかった選手もいる」と、今回はベストの布陣ではないと困り顔。確かに、8月末に開幕したトップリーグ公式戦で故障した選手は少なくないが、問題は「諸事情」で代表入りを辞退した選手たちだ。

 ジョセフHC、薫田真広強化責任者とも「諸事情」に関しては口をつぐんだが、関係者によれば、日本代表の待遇が不安で招集に応じない選手もいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事