待遇に不満? ラグビー日本代表入り“諸事情で辞退”の裏側

公開日: 更新日:

 これでは19年日本W杯が思いやられる。

 28日、日本ラグビー協会は11月5日のアルゼンチン戦(秩父宮)と欧州遠征の代表メンバー32人を発表した。が、共同主将に指名されたFW堀江翔太(30)、BK立川理道(26)ら15年W杯組は12人だけ。初選出は17人にも上ったのだ。

 ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC、46=写真)は「ケガやコンディションに不安を抱えていたり、諸事情で選べなかった選手もいる」と、今回はベストの布陣ではないと困り顔。確かに、8月末に開幕したトップリーグ公式戦で故障した選手は少なくないが、問題は「諸事情」で代表入りを辞退した選手たちだ。

 ジョセフHC、薫田真広強化責任者とも「諸事情」に関しては口をつぐんだが、関係者によれば、日本代表の待遇が不安で招集に応じない選手もいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る