揺れる平田良介…中日と残留交渉の裏で3球団が熾烈争奪戦

公開日:

「水面下では激しい綱引きが行われています」

 中日の平田良介(28)についてこう話すのは、あるパ球団の編成担当だ。

 今季、国内FA権を取得した平田は去る2日、中日と残留交渉を行った。今季年俸7000万円から1億3000万円程度の3年契約を提示されたもようで、交渉の席ではナゴヤドームの人工芝の改善などを要望。FA宣言するかどうかについては今後も交渉を重ねるようで、「愛着もある。残留を第一に考えている」としながら、「納得しなければ行使する」と話し、決断にはしばらく時間がかかりそうだ。

 中日は、同じくFA権を取得した大島に対し、条件を上積みして残留に傾かせた。平田にも同様の処遇をしているとみられるが、その一方で早い段階から、複数球団が獲得調査に乗りだしている。

 いの一番に関心を示したのはヤクルトだった。守備力の高さ、勝負強い打撃に加え、ムードメーカーにもなる明るい性格に着目。チームには、平田と同学年で公私で親交がある川端慎吾がおり、溶け込みやすい環境でもあることから、移籍先の有力候補といわれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る