ソフトB1位田中正義 156キロの“剛腕”生んだ母親の料理

公開日:

 横浜市鶴見区――後に最速156キロを投げる4人きょうだいの三男坊は、川崎市と隣り合う住宅街で産声を上げた。

 創価高校に進学するまでの15年間、上末吉小学校、末吉中学校と地元で過ごした田中。小学生時代に所属した駒岡ジュニアーズの山田利行代表が言う。

「小学校1年生の時に入団して、徐々に力をつけていったという印象ですね。ボールも速かったですが、横浜市内の小学生の中でも飛び抜けていたかというと、そうでもない。制球も良いことは良いが、崩れると立て直すのが難しい、という投手でした」

 会社員の父、淳さんも学生時代に野球歴があり、大の野球好き。地元草野球チームに入り、早朝6時から試合や練習をこなしていたこともある。そんな父に田中が影響されたのは必然だった。

 小学校に入学直後、田中は淳さんに「僕も野球がやりたい」と、おねだり。そこで父子は地元にある2チームを見学した。スポーツジャーナリストの二宮清純氏が代表を務める「スポーツコミュニケーションズ」のHPに掲載された田中の記事の中で、淳さんは当時をこう振り返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る