母は水泳エリート 広島1位・加藤拓也の身体能力のルーツ

公開日: 更新日:

 最速153キロ。広島ドラフト1位指名・加藤拓也(投手・21歳・慶大)の身体能力は母親譲りだ。富山出身の母・裕子さん(58)は学生時代、水泳一筋。個人メドレーが本職ながら、中学時代は400、800メートル自由形で全国優勝の輝かしい実績を持つ。東京・池袋のスイミングスクールから声がかかったため、中学卒業後に上京。東京の高校に通いながら、2、3年時はインターハイの200、400メートル個人メドレーで全国制覇した。裕子さんがこう振り返る。

「15歳で親元を離れ、水泳しかやっていません。本気でモントリオール五輪(76年)を目指していました。選考会は優勝したんですが、記録が届かずに五輪へは行けなかったんです」

 その後、特待生として東京の大学に入学。1、2年時にインカレで全国優勝し、400メートル個人メドレーで歴代2位(当時)の記録を打ち立てたものの、五輪への気持ちはすでに切れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る