日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事故謝罪も…中垣内バレー男子次期監督にもう“辞任勧告”

 11日、来年からバレーボール男子日本代表監督の就任が決まっている中垣内祐一氏(49)が、車の運転中に起こした人身事故について謝罪会見。「代表監督に内定している指導者として、極めてあるまじき事故であったことを猛省しています」と頭を下げたが、代表監督の進退について聞かれると、こう言葉を濁した。

「今後の自らのことを考えるには至ってない状況です。辞めるか辞めないか(という話)になっていない」

 現役時代はアイドル的存在だった中垣内氏も、12年に不倫がバレて離婚。全日本の代表コーチを辞任した。この騒動を問題視する声もある中で代表監督に内定したが、こうした“前科”もあるだけに、今回の事故で「辞任」の声は大きくなりつつある。

「監督内定のときもファンからの反応がイマイチで、もう『ガイチの時代』は終わっているんだと思いました。そんな矢先にこんな事故を起こして、周囲は『中垣内では集客が期待できない』『こういう問題児を日本の顔にすると、バレー界への批判が高まる』と殺気立っています。男子バレーを中継するテレビ局も気が気じゃない。こうも悪目立ちすると、視聴率に影響しかねない。某局から『続投させるのか』という問い合わせが来たようです」(バレーボール関係者)

 ただでさえ実力のない日本の男子バレー。視聴率と好感度がなくなれば、もう何も残らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事