• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セッター育成急務 “鬼軍曹”中田久美氏が女子バレー監督に

 鬼軍曹でメダル奪回なるか。

 バレーボール女子日本代表の真鍋政義監督(53)の後任にプレミアリーグ「久光製薬」の中田久美監督(51)が就任する見通しとなった。25日の理事会で正式決定するという。

 中田監督といえば、史上最年少の15歳で全日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得した84年ロス五輪から3大会連続でオリンピックに出場した名セッター。現役引退後、「久光」で監督就任1年目に天皇杯・皇后杯で優勝。プレミアリーグと黒鷲旗全日本男女選抜大会でも優勝し、女子チームで初の3冠を達成した。

 テレビ番組の出演も多く、知名度は抜群。一方、厳しい指導でも知られ、04年にアテネ五輪行きが決定した女子選手たちと共にスポーツ番組に出演した際、はしゃぐ選手たちを「てめえら、この野郎!」と一喝したことでも有名だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事