日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

釜本氏「大迫と清武が有機的に絡めばゴール期待できる」

 この前のオマーンとの一戦は、あくまでW杯アジア最終予選の大一番であるサウジアラビア戦(15日=午後7時35分キックオフ、埼玉スタジアム)に勝つために「何をテストするか?」に主眼が置かれていた。良かった点、悪かった点が明確になったという意味では、収穫があったといえるだろう。

 期待外れの選手としてまずはFWの本田(ミラン)、岡崎(レスター)の名前を挙げたい。

 本田は今季、ミランで81分しかプレーしていない。まだ1試合フルにプレーしていないのだ。試合勘に乏しく、それでも「オレは大丈夫!」をアピールしようとして空回りの印象が強く残った。レスターで控えの岡崎も同様。気負ってボールが落ち着かず、シュートチャンスから見放された。

 Jで好調のFW斎藤(横浜M)も残念だった。斎藤は、外国人選手との“間合い”に苦しんでいた。国内と同じ感覚でドリブルしても、相手の足が予想以上に“伸びてくる”のでカットされてしまい、持ち味の突破力を封印された。「経験不足」は否めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事