釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

釜本氏「大迫と清武が有機的に絡めばゴール期待できる」

公開日: 更新日:

 この前のオマーンとの一戦は、あくまでW杯アジア最終予選の大一番であるサウジアラビア戦(15日=午後7時35分キックオフ、埼玉スタジアム)に勝つために「何をテストするか?」に主眼が置かれていた。良かった点、悪かった点が明確になったという意味では、収穫があったといえるだろう。

 期待外れの選手としてまずはFWの本田(ミラン)、岡崎(レスター)の名前を挙げたい。

 本田は今季、ミランで81分しかプレーしていない。まだ1試合フルにプレーしていないのだ。試合勘に乏しく、それでも「オレは大丈夫!」をアピールしようとして空回りの印象が強く残った。レスターで控えの岡崎も同様。気負ってボールが落ち着かず、シュートチャンスから見放された。

 Jで好調のFW斎藤(横浜M)も残念だった。斎藤は、外国人選手との“間合い”に苦しんでいた。国内と同じ感覚でドリブルしても、相手の足が予想以上に“伸びてくる”のでカットされてしまい、持ち味の突破力を封印された。「経験不足」は否めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る