タカマツペアのバド年間王者を阻むファイナルのジンクス

公開日: 更新日:

 リオ五輪金メダルに続く2つ目の栄誉に期待がかかるのがバドミントン女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)のタカマツペア。

 3日の全日本総合選手権女子ダブルス準決勝では、福島由紀(23)廣田彩花(22)組=ともに再春館製薬=を2―1で破り2年連続で決勝進出を決めた。

 タカマツペアはこの大会後、スーパーシリーズ年間上位8組とリオ五輪金メダリストがシーズン王者を争う「スーパーシリーズ・ファイナル」(14日開幕=ドバイ)に出場し、日本勢として初優勝を果たした14年以来、2度目の頂点を目指す。

 が、ファイナル覇者に贈られるシャトル形のトロフィーを目指すタカマツペアには、ある「ジンクス」が立ちはだかる。このファイナルは08年に始まり、今年で9回目を迎えるが、かつて五輪の金メダリストが制したことは皆無なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る