タカマツペアのバド年間王者を阻むファイナルのジンクス

公開日: 更新日:

 リオ五輪金メダルに続く2つ目の栄誉に期待がかかるのがバドミントン女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)のタカマツペア。

 3日の全日本総合選手権女子ダブルス準決勝では、福島由紀(23)廣田彩花(22)組=ともに再春館製薬=を2―1で破り2年連続で決勝進出を決めた。

 タカマツペアはこの大会後、スーパーシリーズ年間上位8組とリオ五輪金メダリストがシーズン王者を争う「スーパーシリーズ・ファイナル」(14日開幕=ドバイ)に出場し、日本勢として初優勝を果たした14年以来、2度目の頂点を目指す。

 が、ファイナル覇者に贈られるシャトル形のトロフィーを目指すタカマツペアには、ある「ジンクス」が立ちはだかる。このファイナルは08年に始まり、今年で9回目を迎えるが、かつて五輪の金メダリストが制したことは皆無なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る