羽生はファイナルV4も…平昌では2位チェンが最大の敵に

公開日: 更新日:

 ジャンプで強烈なインパクトを与える新星が出てきた。

 フィギュアスケートのグランプリファイナル(GPF)男子フリースケーティングが現地時間10日、フランスのマルセイユで行われた。ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(22)が293・90点をマークし、逃げ切り勝ち。男女通じて史上初の4連覇を達成した。宇野昌磨(18)も2年連続の3位に入ったが、フリーの演技で最も観衆を沸かせたのは、総合2位(282・85)のネーサン・チェン(17=米国)だった。

 GPF初出場のチェンは、先月のNHK杯では優勝した羽生に32点以上も離されての2位だったが、この日の演技では、ルッツとフリップの4回転ジャンプを鮮やかに決めてフリーはトップ。その結果、SP5位から2位に順位を上げた。

「初出場でのメダルは全く予想していなかった。ルッツとフリップの4回転ジャンプも成功できて大きな一歩だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

もっと見る