日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽生はファイナルV4も…平昌では2位チェンが最大の敵に

 ジャンプで強烈なインパクトを与える新星が出てきた。

 フィギュアスケートのグランプリファイナル(GPF)男子フリースケーティングが現地時間10日、フランスのマルセイユで行われた。ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(22)が293・90点をマークし、逃げ切り勝ち。男女通じて史上初の4連覇を達成した。宇野昌磨(18)も2年連続の3位に入ったが、フリーの演技で最も観衆を沸かせたのは、総合2位(282・85)のネーサン・チェン(17=米国)だった。

 GPF初出場のチェンは、先月のNHK杯では優勝した羽生に32点以上も離されての2位だったが、この日の演技では、ルッツとフリップの4回転ジャンプを鮮やかに決めてフリーはトップ。その結果、SP5位から2位に順位を上げた。

「初出場でのメダルは全く予想していなかった。ルッツとフリップの4回転ジャンプも成功できて大きな一歩だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事