W杯独走の高梨沙羅に鬼門 次戦ドイツ大会では2年前苦戦

公開日: 更新日:

 4度目の総合優勝を目指す女子ジャンプの高梨沙羅(20)。W杯次戦はドイツ・オーベルストドルフ大会(1月7、8日)に決まった。

 今季ここまで4戦で3勝を挙げ、W杯ランキング1位(360得点)を独走する高梨にとってドイツ大会は鬼門だ。

 ジャンプの本場である欧州の中でもドイツの台は特殊とされ、高梨は助走路や踏み切り台への対応に苦戦してきた。昨季はオーベルストドルフで2連勝したが、14-15シーズンは同じコースで3位に終わると、その後はスイス、ルーマニアと2大会連続で優勝を逃した。オーベルストドルフで助走、飛躍を試行錯誤した結果、フォームを乱したのが原因だった。その後は持ち直したものの、ドイツ大会からの不振が響いて最終的に女王の座から陥落した。

 今季はドイツ大会後に日本で4試合が組まれている。札幌、蔵王と高梨が比較的、得意とするジャンプ台とはいえ、直前のドイツで再びフォームを崩せば、ライバルの追随を許して一昨年の二の舞いになりかねない。

 高梨の総合優勝はドイツ大会での跳躍にもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る