準Vタカマツが課題露呈…海外若手の速攻勝負に苦戦必至

公開日: 更新日:

 今季の王者を決めるスーパーシリーズ・ファイナル(ドバイ)で準優勝に終わったバドミントン女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組が19日に帰国した。

 18日の決勝では中国の陳清晨、賈一凡組(ともに19歳)の勢いとスピードに圧倒され、フルセットまで粘ったが敗退。14年以来2年ぶり2度目の優勝はならなかった。

 空港で会見した松友は「久しぶりの完敗だったが、まだまだ強くなれるということ。2人で圧倒的な存在になりたい」と来季を見据えたが、来季は今季以上に金メダリストへのマークが厳しくなりそうだ。

 五輪翌年は各国とも、20年東京五輪を見据えてナショナルチームのメンバーの若返りを図る可能性もある。若手を強化するため、1年でも早くスーパーシリーズなどの国際試合で経験を積ませるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

  10. 10

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

もっと見る