日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

準Vタカマツが課題露呈…海外若手の速攻勝負に苦戦必至

 今季の王者を決めるスーパーシリーズ・ファイナル(ドバイ)で準優勝に終わったバドミントン女子ダブルスの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組が19日に帰国した。

 18日の決勝では中国の陳清晨、賈一凡組(ともに19歳)の勢いとスピードに圧倒され、フルセットまで粘ったが敗退。14年以来2年ぶり2度目の優勝はならなかった。

 空港で会見した松友は「久しぶりの完敗だったが、まだまだ強くなれるということ。2人で圧倒的な存在になりたい」と来季を見据えたが、来季は今季以上に金メダリストへのマークが厳しくなりそうだ。

 五輪翌年は各国とも、20年東京五輪を見据えてナショナルチームのメンバーの若返りを図る可能性もある。若手を強化するため、1年でも早くスーパーシリーズなどの国際試合で経験を積ませるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事