日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高梨沙羅が“疑惑”に言及 メークは「見よう見真似で…」

「スッピンは絶対にできない!」

 渋谷のギャルのような言葉の主は、スキージャンプの高梨沙羅(20)。31日、スポーツ用品メーカー・オークリー社との用具契約締結発表会見に、オールブラックのシックな衣装にピアスを着け、シルバーのネイルを輝かせて登場した。

「オークリーさんのゴーグルを着けてビックリしたのは、私のこのノッペリした顔にぴったり合うゴーグルがあるんだということです」

 そう自虐的にコメントしたが、ネット上ではその「ノッペリした顔」が〈激変〉〈美人に変貌〉と話題になっている、と日刊ゲンダイが1日付の紙面で報じたばかり。実際、この日もキリリと整えられた眉毛をはじめ、目元やまつげもしっかりメークされ、かつてのあどけない高梨の姿はなかった。週刊誌では「プチ整形?」とも書かれていたが、そんな“疑惑”に本人が答えてみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事