リオ金キプチョゲも挑戦 マラソン「2時間切り」は可能か

公開日:

 世界記録は生まれなかった。

 陸上男子5000メートルと1万メートルの世界記録保持者、ケネニサ・ベケレ(34・エチオピア=自己記録16年ベルリン2時間3分3秒)は、20日に行われたドバイ・マラソンに出場。大会前には、14年のベルリンでデニス・キメット(32・ケニア)が出した2時間2分57秒の「世界記録を目指す」と言ったが、20キロすぎに途中棄権した。優勝はタミラト・トラ(25・エチオピア)でタイムは2時間4分11秒だった。

 世界記録を狙って完走できなかったベケレは、「引退までに2時間1分30秒を出したい」とも語っているが、大手スポーツメーカーのナイキは先月、マラソンで2時間切りを目指すプロジェクトを発表。リオ五輪金メダル、16年ロンドン・マラソンで2時間3分5秒(当時は世界歴代2位)の記録で優勝したエリウド・キプチョゲ(32・ケニア)ら3選手が、トレーニングや栄養面などマラソンに関係する分野の専門家と組み、総力をあげて2時間切りに挑む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る