若手は五輪視野も “駅伝大国”日本にマラソン復活は期待薄

公開日:  更新日:

 優勝候補の「本命」といわれた長野が3年ぶり7度目の優勝を果たした「全国都道府県対抗男子駅伝」(広島市平和記念公園前発着=7区間、48キロ)。先週は女子が大雪の京都を走り、京都が岡山を2秒差で振り切った。

 年末の高校駅伝から元日の実業団駅伝、そして2日、3日は大学の箱根駅伝と、この時季は駅伝レースがひっきりなしに行われる。

 一方のマラソンは、近年タイムが低調で駅伝に比べて注目度が低い。昨季のリオ五輪代表選考会は大いに盛り上がったものの、リオでは男女とも予想通りの惨敗に終わった。

 箱根を走った大学生や実業団の若手の中には「東京五輪はマラソンでメダルを狙う」という者もいるが、例えば実業団の駅伝は1区間約8キロから22キロ。長くても42.195キロを走るフルマラソンの半分までしかない。大学も実業団も駅伝がビッグビジネスになっている日本に「マラソン復活」の期待は持てない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る