若手は五輪視野も “駅伝大国”日本にマラソン復活は期待薄

公開日:  更新日:

 優勝候補の「本命」といわれた長野が3年ぶり7度目の優勝を果たした「全国都道府県対抗男子駅伝」(広島市平和記念公園前発着=7区間、48キロ)。先週は女子が大雪の京都を走り、京都が岡山を2秒差で振り切った。

 年末の高校駅伝から元日の実業団駅伝、そして2日、3日は大学の箱根駅伝と、この時季は駅伝レースがひっきりなしに行われる。

 一方のマラソンは、近年タイムが低調で駅伝に比べて注目度が低い。昨季のリオ五輪代表選考会は大いに盛り上がったものの、リオでは男女とも予想通りの惨敗に終わった。

 箱根を走った大学生や実業団の若手の中には「東京五輪はマラソンでメダルを狙う」という者もいるが、例えば実業団の駅伝は1区間約8キロから22キロ。長くても42.195キロを走るフルマラソンの半分までしかない。大学も実業団も駅伝がビッグビジネスになっている日本に「マラソン復活」の期待は持てない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る