• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手は五輪視野も “駅伝大国”日本にマラソン復活は期待薄

 優勝候補の「本命」といわれた長野が3年ぶり7度目の優勝を果たした「全国都道府県対抗男子駅伝」(広島市平和記念公園前発着=7区間、48キロ)。先週は女子が大雪の京都を走り、京都が岡山を2秒差で振り切った。

 年末の高校駅伝から元日の実業団駅伝、そして2日、3日は大学の箱根駅伝と、この時季は駅伝レースがひっきりなしに行われる。

 一方のマラソンは、近年タイムが低調で駅伝に比べて注目度が低い。昨季のリオ五輪代表選考会は大いに盛り上がったものの、リオでは男女とも予想通りの惨敗に終わった。

 箱根を走った大学生や実業団の若手の中には「東京五輪はマラソンでメダルを狙う」という者もいるが、例えば実業団の駅伝は1区間約8キロから22キロ。長くても42.195キロを走るフルマラソンの半分までしかない。大学も実業団も駅伝がビッグビジネスになっている日本に「マラソン復活」の期待は持てない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

もっと見る