日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全豪女子ダブルス初4強 穂積&加藤ペアの敵はマスコミ?

 日本人ペア初の快挙となった。

 24日、テニスの「全豪オープン」女子ダブルス準々決勝に出場した穂積絵莉(22)・加藤未唯(22)。相手をストレートで下し、準決勝へコマを進めた。全豪で日本選手同士のペアが4強入りするのは初。4大大会では02年「全仏オープン」の杉山愛・藤原里華以来15年ぶり2組目という快挙だ。

「本当に自分たちもびっくり。今日は自分たちのプレーができれば、チャンスはあると思っていた」と話した穂積は、両親と祖父母がテニスをしているテニス一家に生まれ、8歳のとき「茅ケ崎パームインターナショナルテニスアカデミー」に入る。このスクールで指導するのは杉山愛の母・杉山芙沙子氏。穂積は現在も同氏の指導を受けている。

「同学年で名前も漢字も同じ」という理由で、リオ五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉(23)とも親交があり、今年のオフにはテレビやイベントで杉山や登坂との共演オファーもあるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事