日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強敵は韓国とオランダ 侍ジャパンの2大会ぶり優勝あるか

「まさにドリームチーム。十分に連覇を狙える布陣が整いました」

 8日(日本時間9日)に発表されたWBC出場16カ国の最終登録メンバーのうち、ドミニカ共和国のロースターについてスポーツライターの友成那智氏はこう言った。

 前回13年大会を制したドミニカは、今大会も豪華メンバーだ。ジャイアンツ・クエト(30、昨季18勝5敗)、カージナルス・マルティネス(25、同16勝9敗)らの先発陣に、リリーフにはレイズ・コロメ(28、同37セーブ)、ヤンキース・ベタンセス(28、同12セーブ)ら剛腕右腕が控える。

 マリナーズ・クルーズ(36)、ブルージェイズ・ボティースタ(36)らかつての本塁打王が名を連ねた打線も強力だ。

 前出の友成氏は「ドミニカは名実ともに16チーム中トップ」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事